印刷制作の流れ

簡単に印刷物を作成できる時代になりました。

印刷ってどう注文するの?原稿って何?作ったことが無いからわからない!
経験が無ければ、わからなくて当然です。

弊社は印刷を身近に気軽にご利用いただくための、お手伝いをさせていただきます。
普段はコンビニのコピー機で、せっせとチラシのコピーをしている・・・というお客様も
ぜひ一度、現代の簡単激安印刷をご体験ください!

お問合せからご注文、納品までの流れ

印刷発注の流れ

1:お問い合わせ(以下の内容を教えてください)

  • 印刷物の使用目的は?
  • 文字の原稿を、お客様で書くことができるか?
  • 写真やイラストなどが必要な場合、お客様でご用意いただけるか?
  • 仕上がりのイメージが固まっているか、または、ぼんやりとでも想像できているか?
  • 文字や写真の配置(=レイアウトデザイン)は、お客様で出来ているか?
  • いつまでに、印刷したものが必要か?(ご希望の納品期日)
  • 上記内容に基づいて、概算のお見積りをお知らせいたします。

2:デザイン内容や印刷仕様の打ち合わせ

  • 背景の色、文字の色や大きさや表現方法、写真やイラストをどう配置するかなど、印刷物の全体的な雰囲気を確定します。
    (いわゆる「デザイン」という部分ですので、お客様ご自身で考えていただくと費用も安上がりになりますし、自身の創作物ということで愛着も沸くでしょう)
  • 使用する紙の厚さや、印刷する枚数を決定します。
  • これら決定事項に基づいて、最終的なお見積りをさせていただきます。

3:正式ご発注・印刷データの作成

  • 当社指定のご発注書のご提出と、最終お見積り金額全額のご入金をもって、正式受注させていただきます。
  • 上記までの内容に基づき、印刷用の完全版下データを作成いたします。
  • よほどの変更でないかぎり、データ作成の開始後でも変更・修正は可能ですので、ご安心ください。

4:版下データの、印刷工場への入稿

  • 印刷データができあがりましたら、文字や写真などの内容に間違いや問題が無いか、チェック(校正)をしていただきます。
  • 内容校正をしていただき問題が無ければ、データ作成完了(校了)し、印刷工場へデータを送ります。
  • 印刷工場へデータを送った時点で、内容の変更は不可となりますので、校正は注意深くしていただきますよう、お願いします。

5:印刷工場での印刷

  • 長年取引のある、信頼のおける印刷工場(大阪市)にて印刷をします。

6:検品、納品

  • 納品期日までに、印刷物をして居場所へ納品します。

値段は?いくらでできるの?・・・「素材、調理、盛り付け」。

印刷物を作るのは、料理をするのと同じようなもの。

皆さんがもっともお知りになりたいことは、価格だと思います。
しかし「どういった物を作りたいか」という具体的なイメージが出来ないうちは、お見積りの計算のしようがありません。
印刷物はお料理と同じで、素材は誰が揃えるのか?調理は誰がするのか?
誰が盛り付けるのか?といった項目と同じようなものです。
ここでは、印刷物をつくるときの基本的な流れを解説します。

誰が素材を集めるのか?

印刷物制作でいう「素材」とは、どういった内容にするのか?その内容をどうやって表現するのか?という項目を具体化するための部品のことです。 
たとえば、内容を文字で表現するなら「文字原稿」が必要ですし、絵や写真で表現するなら、それらの「写真素材・イラスト素材」が必要です。 
弊社で揃えると、そのぶんの人件費がかかりますので、可能な限りお客様の手で集めていただくのが確実ですし、安あがりです。

文字原稿について

文字原稿は、その作りたい印刷物に掲載する品物やサービスを熟知している方(お客様)が書くべきです。 
そこには、必要な情報としての単語が羅列されるでしょうから。 
弊社で文字原稿を作る場合、私どもが「判らない・知らない物やサービス」を説明したとしても、その説明は非常に浅い内容になってしまいますので、ぜひ、お客様に文字原稿を書いていただきたいと考えています。

画像原稿について

商品写真などの具体的なものについては、やはり写真を撮影するしかありません。
昔はプロの写真家に頼んで撮影してもらっていたので、そういった部分でも製作コストは高くつきましたが、今ではデジカメ写真で十分です。 
もちろん、その印刷物に美術的な高級感が必要でしたらプロの写真が必要ですが、弊社がお手伝いさせていただきたいと考えているのは、そういうクオリティの追求以上に、印刷物を簡単に早く安く・・・というお客様の案件です。

商品が「サービス」といった抽象的なものの場合は、それを写真やイラストで表現するのはなかなか難しいかもしれませんが、そういった場合は「イメージ写真を用意する」という考え方があります。

イメージ写真やイメージイラストは、無料で使えるようなものがインターネット上に公開されている場合もありますので、ご相談ください。

誰が調理するのか

素材を集めていただいて、それをどう調理するのか(生なのか加工するのか等)をご指示ください。 
そうすれば弊社の優秀な調理人(DTPオペレーター)が、それぞれの素材を、仕上がりイメージに合うように調理します。

盛り付け

たとえば、料理を作っているときにはすでに、それが何人前のものか(=総量)、どんな大きさのお皿に盛るのか(=印刷物(紙)の大きさ)はイメージしていますよね?
印刷物制作においても、お客様は素材を集める時点で、その制作物がハガキ大なのか、大きなポスターなのか、4ページのパンフレットなのかなどをイメージできているべきです。 
そうしないと、必要な素材を集める(作る)にあたって、どれくらいの量が必要なのかがわからないからです。

この「盛り付けイメージ」こそが「仕上がりイメージ原稿」と呼ばれるものです。 
手描きでも結構ですので、文字や画像をどのように配置するか(レイアウト)を指示・指定するイメージ原稿をつくっていただけましたら、あとは簡単です。

有限会社 アドプレスト
タイトルとURLをコピーしました